抗うつ剤を減らして躁転を回避。冬季うつも終わりを迎えました。

今日も暑いくらいの天気です。

今朝は夫の出勤時間に起きられなかったので、お弁当を届けてきました。

こういうとき、徒歩通勤だと便利です。







最近は体調がよく、体が動きすぎています。

少し躁状態になっているみたいです。



たとえば、一日のうちにたくさんのことをやってしまいます。

  • 掃除機をかける。

  • 洗濯物を干す。

  • 片道20分のスーパーまで歩いて行って、大量買いする。

  • フリマアプリをやる。

  • 本を読む。

  • テレビを見ながら音楽を聴く。

  • ウォーキングをする。

  • 商店街に行く。

  • 100均に行く。

  • 料理をする。







毎日、これらのことを複数やっています。

健康な人でも息切れしてしまうくらいのスピードで動き、

休息もとらず常に何かしています。



ハッと気がついて、「そうだ、これは躁状態だ」と思いました。



よく統合失調症躁うつ病の患者さんには、躁状態を好む人が多いのですが、

私は躁状態が嫌いです。

「こんなにハイテンションになって、私って気持ち悪い!」と思います。

なので、常に気だるくのんびりしている方が自分の性に合っています。



あまりにも気持ちが悪いので、まだ通院日は先ですが、

抗うつ剤を一錠減らしてみました。


そうしたら、やっと行動に息継ぎをする余裕が生まれました。







私が飲んでいる抗うつ剤は、ジェイゾロフトです。

ジェイゾロフトを飲む前は、トレドミンを長く飲んでいましたが、

T先生にジェイゾロフトに変えてもらってから、

QOLクオリティー・オブ・ライフ/生活の質)がかなり向上しました。



ジェイゾロフトを減らせるようになると、私の長かった冬季うつは終わります。

やっと夏女の本領発揮となりそうです。





♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪

▼ブログランキングに参加しています▼
▼▼▼応援よろしくお願いします▼▼▼

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ








Copyright © 主婦・さくらの統合失調症ブログ ~ひなたぼっこ~ All Rights Reserved.