小学生女子に保護者が「デブ」とからかうのは?

昨日、仲のいい従兄弟からメッセージが送られてきました。
従兄弟の小3になる娘さんがいるのですが、その子の運動会の写真が添付されていました。

従兄弟の娘さんは複雑な家庭の事情で、ママやパパと暮らしていません。
そのHちゃんはおじいちゃんおばあちゃん(私から見ると叔父叔母)に育てられています。

家庭の事情は仕方ないとして、Hちゃんの話を聞くと私まで辛くなることがあります。
それは、「デブ」とからかわれていること。
クラスメイトではなくパパやおじいちゃんおばあちゃんにです。

Hちゃん自体は病的な肥満というわけでもなく、
小学生女子の普通体型だと思います。
でも、本人はデブなのを気にしてダイエットをしています。
小3でダイエットなんて、成長期の身体に悪いだけではないでしょうか。

私が小学生のときも、叔父や叔母、従兄弟にデブだとからかわれたものです。
私も客観的に見て、肥満ではありませんでした。
大人になった今では悪気なくからかって言っていたのだろうと思うのですが、
小学生、中学生の気にする年頃には、デブという言葉はキツかったです。

勇気を出して、従兄弟に「Hちゃんにデブと言うのはやめてほしい」と言いました。
他の家庭の育て方に口出しするのは良くないと思ったのですが、
デブは私自身トラウマになっているからです。

クラスの子がデーブ!とからかうのはわかります。
男子はそんなものだから。
でも親や保護者がデブだねぇと常日頃シャワーのように言うのは酷だと思います。

Hちゃんは意思の強い自然児なので、心配ないかもしれませんが、
老婆心でつい言ってしまいました。
せめてダイエットはやめさせてほしいなぁ。

♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪

▼ブログランキングに参加しています▼
▼▼▼応援よろしくお願いします▼▼▼

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
Copyright © 主婦・さくらの統合失調症ブログ ~ひなたぼっこ~ All Rights Reserved.