もうすぐ引越し。冬季うつ中の引越し

今週、元いた故郷に近い場所に引越します。
手続きや荷造りに追われていますが、私は相変わらず陰性症状がひどく、布団の中にいることが多いです。

ここまで病気が悪化してしまったのも慣れない都心生活が大きく影響していて、
引越したら元気を取り戻せるかなと期待しています。

T先生の話では、環境の変化でうつになる人も多いようで、
関西から東京に来てうつを発症した方など診ておられるそうです。
その患者さんも関西に戻ったらうつが良くなったのだとか。

こういう引きこもりの時期に活躍するのはネットです。
引越しの手続きもネットで簡単にできるところがあるので助かっています。

(引越しれんらく帳)
URL
今度貼る

ネットと電話を駆使して極力外に出なくて済むようにしています。
外に出たり人と会うのが怖いからです。
特に今、太っているのとおばさん化と、5ヶ月美容院に行っておらず髪ボサだから怖く感じてしまうのです。

今は夫と引越しの二つが心の支えになっています。
考えてみれば24歳から毎年引越ししています。
今度こそ大好きな街で落ち着きたいな。
引越したら、毎日料理を頑張って夫に美味しいものを食べさせたいです。

♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪

▼ブログランキングに参加しています▼
▼▼▼応援よろしくお願いします▼▼▼

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

高校2年で統合失調症発病したころの話 ④

高校卒業と同時に、クリニックのデイケアに通い始めました。
30~40代の患者さんがほとんどで、18歳と言うと珍しがられました。

デイケアでは料理をしたり、アロマテラピーやストレッチ、陶芸、映画鑑賞などをやりました。
ずっと歳の離れた人ばかりで、あまり楽しくはなかったです。

そのうち、宗教の勧誘をする人やからかってくる男性がいたりして、別のデイケアに移りました。

23歳くらいまでデイケアに通いました。
デイケアは独特の雰囲気があり、嫌になることもありましたが、
受け入れてくれる場所という感じで助かりました。
今でもクリニックの待合室でデイケアメンバーに会うとお互いの近況を話します。

21歳のときキャンペーンガールのバイト、
23歳の時コンビニのバイトと夜間の美術学校に行きました。
この頃、私の性格は病前とかなり変わってきました。
笑っていることが多くなり、明るく行動的になりました。

コンビニバイトでは今の夫と出会いました。
夫と付き合うようになり、人生がやっと流れていきました。
実家の束縛でご飯が食べれなくなったとき、夫が吉野家や松屋に連れて行ってくれました。
すごく美味しかった…!

美術学校は志の高い生徒ばかりでした。
夜間なので皆昼間は働いています。
年齢も近い方が多かったです。

私は一生友達なんかできないと思っていましたが、いろんな人に声を掛けられました。
今でも交流のある友人がたくさんできました。
絵を描くのは苦しみも伴いましたが、楽しいこともたくさんありました。

実家では、親に「彼氏を作るなら出て行け!勘当だ!」と言われたので、
一人暮らしを始めました。
親は本当に出て行くとは思わなかったみたい。
24歳で一人暮らしを始めて…アダルトチルドレンにも気付きました。

親の愛はダブルバインドでしたが、夫の愛は無償のものでした。
この頃から、やっと私らしい人生を送れるようになりました。

病気になった頃の私の口癖は、「17年間生きていても何一つ良いことがなかった!どうせこれから先も幸せになんかなれない!」でした。
ですがそんな事はありませんでした。

統合失調症にはとても苦しめられています。
ですが、昔よりたくさんの幸せを感じられる自分になりました。
当たり前のことができること、愛する人がいること、たくさん愛情をもらっていること。

辛いことは多いけど、統合失調症とは人一倍幸せになれる病気だと思います。


★長々と読んでいただき、ありがとうございます★
★病気で苦しんでいる10代の方に、何かお役に立てれば嬉しいです★
★このシリーズはこれで終わりです★

♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪

▼ブログランキングに参加しています▼
▼▼▼応援よろしくお願いします▼▼▼

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

うつ状態でも必ず浮上する

ずっと陰性症状、うつ状態で寝たきりと言ってもおかしくない状態が続いていました。

そうなると、
「私は本当は怠け者なんじゃないだろうか?」
という疑問が湧いてきます。

現状、仕事から帰った夫にほとんどの家事の負担をさせてしまっています。
動けないし眠いし、気力がわかないのだから「できない」のだと諦めればいいのですが、
洗い物をしている夫の後ろ姿を見ると罪悪感でいっぱいになります。

夫は優しく、
「休んでいていいんだよ」
と言って嫌な顔一つせず家事をしてくれます。
ありがとう、いつもごめんね、と言っていますが、やはり私の理想は極力家事をすることです。

「もう一生寝たきりなのかな?」
と考えたりしていましたが、やっぱりそんなことはなかった!

今日、少し気力と意欲が浮上したのを感じ、ベッドから起きて机に向かうことができました。
(ただ日記を書いてるだけですが)

たったそれだけのことですが、
「ほら、やっぱり私は怠け者なんかじゃなかった!
身体が動くようになればすぐにでも動き出す人間なんだ!
動けないときは本当にできないときなんだ」
と、ほんの少し自信を取り戻すことができました。

統合失調症でつらいとき、動けないとき、私が一番つらいのは頑張りたいのに頑張れないことです。
でも、いつも夫が話してくれます。
「身体(からだ)まかせだよ」と。
その言葉にいつも救われています。

いくら暖冬とはいえ、まだまだ寒くなります。
冬季うつもありますから、ゆっくり過ごしたいです。

♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪

▼ブログランキングに参加しています▼
▼▼▼応援よろしくお願いします▼▼▼

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

法事が終わりました。

ただいま陰性症状、うつ気分真っ只中の毎日です。
昨日、親戚一同が集まる法事が終わりました。
ずっと法事のことが不安で憂鬱だったので、無事終わりホッとしました。

お寺でお坊さんにお経を読んでもらい、塔婆を立ててお墓参りをし、その後親戚で会食しました。

私の側の親戚でしたが、夫が付き添ってくれたのでとても頼もしかったです。
最近は寝てばかりで外出もしていなかったので、特に今回は不安でした。

途中の電車の中でお腹を壊してしまい、トイレにこもりきりになって苦しんだのが一番つらかったです。

私が太ってしまったので、親戚にオメデタかとか太り過ぎだと言われたのもグサッときました。

久々に母とも会いました。
71歳でさすがに年をとったなと思いました。
今日は母から珍しく電話がありました。
2時間母の話を聞きました。

私も寛容になるべきかと少し悩みました。

♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪

▼ブログランキングに参加しています▼
▼▼▼応援よろしくお願いします▼▼▼

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
Copyright © 主婦・さくらの統合失調症ブログ ~ひなたぼっこ~ All Rights Reserved.