懸賞当選!お台場、大江戸温泉物語に行ってきました

昨年の夏は、はがき懸賞にハマっていて、結構ちょこちょこと当選していました。
その中でもすごかったのが、「ランチ付き日帰り温泉旅行」で、
2014年の秋にチケットが届いていたのですが、いろいろ忙しく、やっと行ってきました。

少し前の3月1日に夫とペアで行ってきました。

無料の送迎シャトルバスで、大江戸温泉に到着すると、すごい人混みです。
やっぱり日曜だからかな?と思っていると、江戸時代の和服姿に扮したお姉さんの説明が始まりました。

何でも、その日は大江戸温泉がオープンしてから12年目の創業日だったのだそうです。
そして、人気漫画の「黒子のバスケ」とコラボしたイベントがやっているということでした。

確かに、周りを見ると若い女の子たちが多いです。
いたるところに黒バスのキャラクターの湯上がり姿が描かれています。






浴衣に着替えて、最初に館内の屋台でクレープを食べました。
夫がクレープの皮が好きなので期待していましたが、
夫曰く、「紙みたいに硬い」ということでした。

開館時間が11:00で、その頃もう11:30くらいになっていたのでお腹が空いてきました。
混む前に先に食事をしようということで、お食事処に向かいました。

裕樹大江戸温泉

ランチは館内のちょっと高級設定のお店で。
「和食を愉しむ」というテーマの懸賞だったので、和食のコース料理です。
特に「すごく美味しい!」というわけではありませんでしたが、結構豪華でした。

昼食を済ませたら、まずは足湯へGO。
足湯なら男女一緒に入れますから、カップルにいいですよね。
ところが、小雨が降っていたのと、まだ季節的に寒かったので、
足湯を楽しむ間もなく、すぐに屋内に戻りました。

皆さん貸出のドテラを着ていましたが、かなり寒そう。
お魚さんが足の角質を食べてくれるという、ドクターフィッシュもありましたが、
お値段が高めだったので、やめました。







エステとかもあるにはあるのですが、高いしここでやらなくても・・・と思いやめました。
私はエステが苦手です。

その後、念願の温泉へ。
温泉はいくつかありましたが、どれも泉質は同じみたい。
普通のお風呂とそんなに変わらないかな??
もちろん男女別なので、夫と1時間後に待ち合わせして入りました。

温泉は思ったより普通でした。
サウナや露天風呂もあったけど、私はなぜか落ち着かない気分だったので、
2つのお風呂しか入りませんでした。

密かに、他の女性達のボディーをチェック。
中国、韓国、欧米など、結構外国人の人が来ていたのですが、
日本人は猫背すぎるなぁと思いました。
あと、寸胴で胴長な体型です。

体型はどうしようもないけど、皆ヤマトナデシコなのか、
フェイスタオルで体中を隠していたのが残念でした。
もっと堂々とお風呂に入ればいいのに!
幼少期に銭湯通いをしていた私は、タオルで隠すなんて野暮だわ!と、
すっぽんぽんで、のしのしと歩き回ります。

他の女性達は、髪の毛を洗ったりするのも女性らしく、
やっぱり私の方が女子力がないのかな?と思っていました。

お風呂を出て、黒バスの等身大パネルの前で一枚。
結構若い女の子がパネルの前で写真を撮っていて、びっくりしました。

正江大江戸温泉

「温泉テーマパーク」とはいうけれど、それほど遊ぶところはないので、
ゲームコーナーでもぐらたたきをしたり、ガンゲームをしました。
あとは久しぶりにビールで乾杯。
生ビールが美味しかったです。

帰宅の途につきましたが、外は更に雨が強くなり寒い!
せっかく温泉で温まったのに、シャトルバスを待っている間にすっかり冷えました。
バスで駅に着いたら、電車に乗ってやっと地元です。
寒いのと疲れで、バタンキューでした。

夫と、
「懸賞でタダで当たったから行ったけど、もういいかな・・・」と、
話しました。
やっぱり遠いのはネックです。

今度は千葉方面の温泉に行ってみたいです。
普段私たち夫婦はほとんどレジャーに行かないので、いい思い出になりました。


♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪

▼ブログランキングに参加しています▼
▼▼▼応援よろしくお願いします▼▼▼

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
Copyright © 主婦・さくらの統合失調症ブログ ~ひなたぼっこ~ All Rights Reserved.