胃が痛いくらいなら悩むな!自分

今日は午前中ヨーカドーやダイソーに行って、午後はまた別のスーパーに行く予定でしたが、
帰り道もトボトボと傘の中で涙。
もう馬鹿な話だと思います。

自分からMちゃんに会おうと声掛けたのになぁ。
でもMちゃんが少しでも気分転換になって、ご家族のことも話せて、喜んでもらえたのなら良かったな。
(と、思うことにする)

あれこれ考えて悶々としていたら胃が痛くなり、
ほとんどの原因はコーヒーでしょうが、食欲もないので、
明日診察に行ってこようかな?と考えていました。

話すことをまとめようと、レポート用紙に箇条書きにしてみると、
「意外とちっぽけな悩みじゃない??」と思いました。
過去のことを蒸し返してるだけだなと思います。

性格の悪い私は、こんなことを考えていました。

Mちゃんはじめ高校の友達のほとんどがアラサー実家暮らし。
実家暮らしが楽で、一人暮らしをする気がない。
彼氏がいない。
化粧やおしゃれをあまりしない。
家で料理をせず有名な料理教室に通っている。

これってヤバイんじゃあ~ないの?
今はまだ(もう)29歳で余裕あっても危機感なさすぎ?
Mちゃんはまだいい方で他のメンバーは29で道に外れた恋愛してたり大丈夫?
小悪魔ちゃんの結婚式に呼ばれてるのに全然化粧もおしゃれもしてないし、
高校のときと全然外見が変わってない!
(綺麗になってない。。。)
↑Mちゃんが集合写真を見せてくれました。

友達の人生をあれこれ考えるのは嫌だなと思いましたが、
なんかもう自分の心を保てるなら、こういう考えで自分を慰めるのもいいかな、と投げやりになりました。
本当は仕事にやりがいを持っていきいきしているみんながうらやましいですが…。

夫が、
「もしその人たちが、さくらと同じ病気になったら立ち直れる?
働いたり一人暮らししようとしないでしょ。
頑張ってるんだよ、さくらは」
と言ってくれました。

夫が見てくれてる、わかってくれてる。
それだけでもう充分です。
私は皆に馬鹿にされ若干いじめられ気味でしたが、
その分人を傷付けることをしなければ、
病気をした意味があるかもしれません。

なんか、綺麗事ばかり言っているようですが、
自分の信念の中で、極力人を信じたいと思っているし、
でも精神的な支柱は自分の中に立てて、
自立していたいなと思います。

最近は、私の方が夫に甘えたり助けてもらってばかりで、不安定でフラフラしています。

でも基本的に楽観主義者だし!
Mちゃんの話が聞けただけでも良かったです。
Mちゃんからのメールに
「頼りにしちゃうかも」
とあって、
おー!まかせて!と言えるようになった自分。
高校生の頃は考えられなかったです。

精神病院に入院したり、自殺未遂したり、そういったドン底を経験したことを思えば、
全然イージーイージーです。
私、強くなった!


♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪

▼ブログランキングに参加しています▼
▼▼▼応援よろしくお願いします▼▼▼

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

10年ぶりの再会!ぼっちの記憶がよみがえる

毎日毎日雨ですね。
お腹の辺りに力が入らない感じでシュンとしています。
毎日毎日迷走しています。

土曜日の高校時代の旧友との再会は、結論としてうまくいきました。
久しぶりに会って、たくさん話をして、持ち寄ったお菓子を食べて、笑い合いました。
おもてなし大作戦も成功です。

Mちゃんのご両親の話になり、2人で泣いてしまう場面もありました。
ご夫婦仲良く、見ず知らずの私をずっと案じてくれたMちゃんのお父さんお母さん。

私が送る年賀状が、

「競馬場でバイトはじめました」
「一人暮らししています」
「美術の学校に行きます」
「結婚しました」

などなど、毎年波乱万丈すぎて、皆さんハラハラしていたのだそうです。
実の親でもそんなに心配してくれないのに、Mちゃんが羨ましい。

気にかけてくれていたMちゃんには感謝しているし、友達として尊敬しています。
でも、複雑な気持ちも抱いてしまいます。

頭も良くて、グループでも中心人物で、
薬学部に入り大学院まで出たMちゃん。
仕事が楽しいのが伝わってきて、私も統合失調症になっていなかったら大学くらい行っていたのかな?と思います。

グループの他の子たちの話になり、
早稲田を出て保育士になった子、
丸の内OLを経て玉の輿に乗った小悪魔ちゃん、
保健室の先生になった小動物系の可愛い子、
誰からも頼られる看護師さん、
皆さん手に職をつけて立派な社会人になっているようでした。

高校のときのグループでは、私は一人浮いていて、
今で言う「ぼっち」や「便所飯」を避けるために、仕方なく馴れ合っていたので、
そうだよね、小悪魔ちゃんの結婚式も私だけ呼ばれないよね、
住所も毎年変わったし、アドレス変えて人間関係リセットしてたもんね、仕方ないよね、
なんてひねくれた気持ちになりました。

Mちゃんの次に仲の良かった早稲田の子が、
「さくらちゃんに会ったけど、すごく変わってて誰だかわからなかった!」
「化粧が上手なの!髪も染めてストパーかけて、別人になっちゃった」
と言っていたそうです。

なんか、ショックだな。
当時の私は…高校卒業しても、進学も就職もできる状態になくて、
毎日寝ていたし、週1のデイケアが精一杯で、
メイクもマスカラとグロスしかしてなかったのにな。

それをMちゃんも他の友達も見ているはずなのに、みんな私から離れていって、
私のいないところで笑って…。

卒業してからも、つらかったけど大学のレポート手伝ったよ?
合コンに行くからファッション見てって、アドバイスしたこともあった。
前からの約束も、サークルでバーベキューがあるとかで、いつもドタキャンされた。
予備校のチューターのバイトが忙しい早稲田の子に、「さくらちゃんも少しは働いたら?」となじられたこともあった。
キラキラでリア充なみんなを見ていると死にたくなった…。

私はみんなにとって、一体何だったんだろう?
いてもいなくてもいい存在?
むしろいない方がいい人間?
関わりたくない、頭の狂った人?
都合よく利用できる使い捨ての人間?
低カーストの皆でもいじめられるメンヘラ女?

雨の中Mちゃんを駅まで送って、ぐじゃぐじゃな顔で帰りました。
夜は寝落ちして、うなされました。
寝ながら暴れていたらしいです。
翌日になっても3時間くらい夫に泣きついていました。

人生に勝ち負けはないし、今幸せならそれでいいと思いつつ、
やっぱり悔しくて悲しくて、泣けてしまいます。


♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪

▼ブログランキングに参加しています▼
▼▼▼応援よろしくお願いします▼▼▼

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

Copyright © 主婦・さくらの統合失調症ブログ ~ひなたぼっこ~ All Rights Reserved.