19歳で精神科に3ヶ月入院した話(7)

退院してから世の中を見ると、何となく違って見えます。
何をするのもありがたく感じます。
ご飯が食べれる、お風呂に入れる、自由に出かけられる、など、
健常者には当たり前かもしれませんが、すごく感動して身震いがするほどです。
その点では、入院して良かったのだと思います。
病気でも、生きているだけでいいのだ。
生きているだけでも充分幸せなことなのだ、と思いました。

Oちゃんにはがきを出しましたが、看護師のIさんの話だと長期入院が法律で禁止されて、
Oちゃんは他の病院に移ったそうです。
また3ヶ月したら戻ってくるだろう、ということでした。
だからはがきは届いていないのだそうです。

Iさんは、彼女と結婚するから頑張ってお金貯める、と言っていました。
M子さんは毎年年賀状をくれます。
カウンセラーに復帰して、仕事も恋愛も頑張っているようです。

N美ちゃんともメールをやりとりして、今でも付き合いがあります。
結婚してお子さんも産まれ、とても幸せそうです。

a0070_000255.jpg


入院して良かったのは、
携帯を没収されてFくんからのメールに依存しなくなったことです。
Fくん自体に悪気はないのでしょうが、「もうこの人はダメだ」と思ったので、
いつの間にか夢から覚めて、自分からFくんを振りました。

Fくんが今どうしているか知りません。
その後一度も、自分からは連絡しなかったからです。
間違えたふりをしてメールが来ましたが、嫌気がさし無視しました。
「Fくんの何が良かったのだろう?」と不思議です。
自分の頭の中で、病的な妄想だけが大きくなっていたようです。

退院して最初の日曜日に、近くの教会に行ってみました。
でも聖書の話もまったくわからず、賛美歌も歌えず、
寄付するお金もなかったので、一度きりで行かなくなりました。
でも、それより自分の中に軸がしっかりと立ったので、
キリスト教にかぶれる必要もなくなりました。

a0006_001665.jpg


精神科入院は、つらい思い出です。
毎日、早く退院したい、早く自由になりたい、と願っていました。
そして念願叶って退院できたとき、世界が違って見えました。
統合失調症でもいいじゃない、と思えました。

また、たとえ入院せずに通院治療していたとしても、
こんなに日々の生活のありがたさを感じたりしなかったでしょう。
3ヶ月ぐっと集中して休養したせいか、体にエネルギーが蓄えられたような気がしました。

それに、精神科病棟には変わった人はいるものの、
人を傷つけたり陰口を言ったり、誰かをいじめる人はいません。
そういう意味では、安心して休める環境でした。

M子さんが言っていたように、精神科入院を「人生の夏休み」と捉えるのもいいかと思います。
入院はデメリットだけではありません。
当時19歳の私には、親から離れること、一人になる空間が必要だったと思います。

秋が来て、金木犀が散り、ハロウィンの飾り付けを見ると感慨深くなります。
あの時の経験が、ちゃんと今に繋がっています。
人生において、無駄な経験なんて何もないのだと思いました。


★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★

長い体験談になりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。
ちょうど10年前の話になりますので、入院生活も大分変わったかもしれません。

今現在、精神科に入院してつらい思いをされている方も多いかと思います。
ですが、かならず快復するのだと希望を持って欲しいです。
今は休むのが仕事なのです。

★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★

タグ:ブログ 統合失調症 10代 退院 任意入院 精神科 日記

Copyright © 主婦・さくらの統合失調症ブログ ~ひなたぼっこ~ All Rights Reserved.