データ入力事務パート求人の面接\(^o^)/筆記・実技おわった

先週の金曜日に、事務データ入力のパート面接を受けてきました。
会社の印象があまり良くなかったのと、面接がボロクソだったので、不採用だと思います。
ちょっと面接のことを書いてみますね。

▼おこづかい稼ぎに9点依頼したら約8000円で売れた…(゚∀゚)▼





提出したのは履歴書、職務経歴書です。
職務経歴書は、自分で言うのもナンですが、かなりよく出来ていたと思います。
ですが当日、面接がなんと集団面接で、しかも実技試験、筆記試験があって面食らいました。
ただのパートで、データ入力なんですけどね、しかも圧迫面接気味だったし・・・。

面接官は女性2名で、すごく派手(ケバい)感じでした。
2人ともわざとツンツンした態度を取っている感じで、私含め4人の応募者は萎縮していました。
筆記試験は県庁所在地や四則演算のペーパーテストで、全然できませんでした。
実技はExcelのセルに正確に入力していくというもの。
プレッシャーで全然できませんでした。

さらに一人ずつ自己PRと経歴、特技、応募理由を話します。
張り詰めた空気の中、緊張しました。


応募者は私含め、みな主婦でした。
結構立派な職歴の人もいましたが、スーツを着ているのは私だけでした。
私以外の人はスウェットワンピース、デニム、セーターで、逆にスーツが間違っているのかも?と疑心暗鬼でした。
私だったらたとえレジ打ちのバイトでもスーツ着て行くけどなぁ~。

他の人の応募理由を聞いていて、「引きこもりを脱出するため」「生活費を稼ぐため」などが多くて、
なんか、、、生々しいな…と思ってしまいました。
ポジティブな理由とは思えなかったですね。

やっぱり主婦は社会から取り残されているというか、社会参加に対して意識が低いなと思いました。
私も面接のマナー(いつ椅子に座るかなど)を全く予習していなかったので、
人のことは言えません。


一人だけ、「多分この人が採用されるんだろうな~」という人がいました。
トップバッターの人は、面接官にいろいろ厳しく突っ込まれて気の毒でした。
その主婦の人はやる気満々で来たのに、頭ごなしに否定されて本当に怖かったです。

面接は全部で2時間かかりました。
そして会社を出ると、キャー!という声が上がって、
「あー、怖かった~」
「疲れた~(ノД`) 私絶対受からないしぃ~!」
「超こわいんですけど~!あぁ~もうヤダー」
など口々に言い出したので、絡まれる前に駅へと向かいました。
実家に行ってワンコのお守りをする用事があったのです。

こういう女性同士の馴れ合い、苦手なんですよね。
多分意気投合した人同士でお茶でもするんでしょう、そんな感じでした。

▼単発ラクそうでいいかも(人間関係が)▼




会社の印象が悪く、一人の人をターゲットにするような面接に違和感を持って、
途中から笑いを取って空気を和ませる作戦に出てしまったので、まず採用はないですね。
ただ私も含め、応募者のレベルが低くて残念な気持ちになりました。

もう今回の面接で疲れてしまったので、次は派遣か短期を探してみます。

タグ:統合失調症 ブログ 主婦 仕事探し パート事務 障害者

Copyright © 主婦・さくらの統合失調症ブログ ~ひなたぼっこ~ All Rights Reserved.