ペットのハムスターが死んじゃった。。享年3歳「動物の園」で供養

今日も朝起きれず、10時頃やっと布団から出ました。
眠剤ベルソムラが効きすぎているみたいで、丸一日眠っている日もあります。
自分としてはちゃんと起きて夫を見送って、洗濯や掃除をしたいのですが、上手く理想どおりいきません。


私はジャンガリアンハムスターを飼っていたのですが、
とうとう9月8日、3歳の命を終えハム☆になってしまいました。
体が小さいけどすごく肝っ玉の座った子で、最期の最期まで生きようと頑張ってくれました。

ペットの葬儀屋さんで「動物の園」というサービスを利用して火葬してもらいました。
棺を持って家に来てくれ、車で安全な場所まで遺体を持って行って火葬してくれるのです。
骨になったハムちゃんは小さな骨壷に入れてくれます。


▼丁寧に対応してくれた、「動物の園」さん▼
http://www.petsougi-kg.com/

葬儀屋さんも、「ハムスターで3歳は長生き」と言ってくれました。

亡くなる直前はおしっことウンチも垂れ流し状態で、お尻が汚れていました。
餌も何種類かあげるのですが、食べやすい豆腐やマイロしか食べれなくなっていました。
それでもちゃんと3歳を迎えるまで一日一日と頑張ってくれ、
あの小さな体のどこにこんな力強い生命力があるのかと驚くばかりでした。


hamster.jpg


あんな小さい子でも必死に生きているのですから、ちょっとうつ状態だからって「死にたい」と言っていては悲しいですね。
夫がいる日まで頑張ってくれたのかな…。
空っぽになったケージを見ると寂しくなります。

今頃天国で走り回っているのかな。
大切な家族でした。


日々やることは多く、自分の体調の浮き沈みに振り回されていますが、
亡くなったハムちゃんのためにも今できることを精一杯やろう、と思いました。


Copyright © 主婦・さくらの統合失調症ブログ ~ひなたぼっこ~ All Rights Reserved.