実家が暗い 心折れた

今日も肌寒いですねー。
急に寒くなって、薄着健康法とか言っている場合でもなく、湯たんぽ作ったりホットカーペット入れたり、冬みたいな気分で軽く落ちますね。
今日は午後から4時間くらい昼寝してました。
夫が休みで家にいたんですが、今日はクリーニング屋に行ってくれたりゴミ出ししてくれたり、助かりました。
これ書いたら、ご飯作んなきゃ。


今週の土曜はベリーダンス、
次は本屋の単発が2発、
通院も行かないと漢方が足りないし、
その次の土日からコスメ販売の単発。
コスメの研修で隣町まで行かなくては。

疲れちゃいますなぁ~(T . T)
せめて、もう少し晴れて、暖かくなってくれればなぁ。
家事も溜まってます。


昨日は実家に行ってきました。
セコムのセキュリティを来月取り付けるので、その下見と説明の方がみえました。
実家の最寄り駅に着いた時点で、なんか薄暗い街で、心折れました。

シャッター街というのもあるし、好きで住んでいた街ではないので良い思い出がないんですね。
それで、実家に着いたらますます凹みました。

母はカーテンも全部閉めていて、照明もリビングにシーリングライトの一番暗いのをつけてました。
ダイニングキッチンや階段も電気つければいいのに、昼間だというのに暗くて。
歳を取ると明るい光が苦手になるから仕方ないのでしょうが、母親の場合は近所の人の目を気にして暗く締め切ってるんです。


あと、どこもかしこも綺麗すぎなんです。
清潔なのはいいんですが、潔癖なんですよ。
実家暮らしのときは、髪も伸ばす事を禁止されていました。
理由は、長い髪の毛が落ちてると気持ち悪いからだそうです。
おせんべいとかクッキーとかも、食べた後は掃除機をかけなきゃいけません。
なので、ゴミ箱の上でこぼさないように食べます。

リビングに父の仏壇があって、お線香の匂いがきつかったり、母が書いた写経とか飾ってあって、なんか…それも重い。
まあ、70代と30代、43歳差ですから、ジェネレーションギャップどころではありませんね。


ワンコのポーちゃんは元気で相変わらず可愛かったです。



もう16歳だね!

母親の話聞いても、こんなに犬が長生きすると思わなかったとか、病院代(ワンコの)がかかって嫌になる、とか、近所の犬は全部死んだのに、うちの犬は元気なくせに体が弱い、とか、なんか返事するのもつらい。

ポーちゃんが死んじゃったら、もっと実家も母親のメンタルも暗くなっちゃうと思う。
こんな感じで、終始暗い話、人の悪口やうわさ話、お金の話なんです。
気分が滅入ります。


帰りはスーパーとドラッグストアに寄らなきゃいけなかったけど、肩に重い疲れを感じてまっすぐ帰りました。
傘嫌いな私が、ビニ傘買うくらい心も冷たかったです。
電車の中で、DA PUMPのU.S.A.聴いてたけど気分は上がりませんでした。

親に恵まれてる人は、今日書いた内容もピンと来ないと思います。
「それでもここまで育ててくれたじゃないか」とか、言いたい人も多いと思います。
実家の話、父親、母親の話もいろいろ書きたいけど、今はもう…ただただ休みたい。


ヒロシと顔突き合わせてても疲れるし、一人でお風呂に入って編み物したい。
来週の単発に向けて、気分のグラフを一旦落としてまた少し上げないと。
疲れたおぉぉん(´;ω;`)


Copyright © 主婦・さくらの統合失調症ブログ ~ひなたぼっこ~ All Rights Reserved.