「偽物」との言いがかりクレームと闘う

今日は久しぶりに晴れて暖かくなりました。
まだ近くの公園では桜も残っていました。
いよいよ春だなぁーという感じがします。

昨日は夫と一日中ケンカしていました。
途中疲れて過呼吸になりながら、夫と口論しました。
前までは、夫が理不尽にごねると謝ってその場を収めていたのです。
でも、昨日は気がすむまで言いました。
結果として仲直りできたから、話すきっかけとして良かったと思います。

今日は、仕事で嫌なことがありました。
購入者に「偽物」だとクレームを入れられたのです。

私も最初は真に受けて、あちこち調べました。
製品タグや素材、製造国、購入したショップが怪しくないかなど、調べ尽くしたと思います。

その結果、全て本物と整合性がつきました。

要するに相手側は、「偽物だから金返せ」と嘘をついてごねたのです。
後から自分のやりとりを見たら、丁寧すぎるというか腰が低いというか、
これは田舎者のDQNに見下されても仕方ないなと思いました。

でも、商品が本物なのは間違いないし、
そのクレームを入れた当人が、高級ブランド品の偽物を売っていたのです。

私が相手に売ったものは3000円のただのTシャツ。
一応人気インポート物ですが、新品だしどこに出しても「安すぎる」と言われると思います。
定価では\8000~\10000ですが、\3000なんてユニクロぐらいの安さで売っていました。

相手側が売っているブランド品は、\50000程度。
クロムハーツなどですが、真贋を問うコメントは無視で、証明するものも「捨てた」の一点張り。

たとえ私が謝罪をして\3000返ってきても、なんかみみっちい男だなー(笑)と思いました。

でも、ここで馬鹿にされたままでは引き下がれません。
いつもの私なら、相手が怖くて平謝りしたり、優柔不断で返金していたかもしれません。

でも今回は頭にきました。
私でもこんなに怒ることがあるんだな、とびっくりするくらい。
そして理路整然と事実を述べ、相手を言い負かしました。
一切感情的にならず、理屈だけを述べ、相手を弱らせたのです。

窮鼠猫を噛む、ではありませんが、私って本当は怒らせると怖いんだ!
でも、本当は怖くてまた過呼吸になりかけています。
でも絶対、馬鹿にされて搾取されたままでは嫌だったんです。
だって私には一切汚点がないから。

発送も当日送りましたし、質問にも丁寧に答えました。
サイズが合わないんじゃないかな?と心配してサイズも連絡しました。
その上で納得して購入されたのです。

昔診てもらっていたカウンセラーさんに、「さくらさんに必要なのは怒ることだね」と言われました。
確かに私はあまり怒りません。
その分、涙をのんで我慢することも多いのです。

今まで、自分は悪くないことでもたくさん謝ってきたと思います。
母が怒って手を挙げても、ただ謝るしかなかったのです。

でも、これからはもっと怒ろうと思いました。
私には冷徹なくらいの観察眼と、鋭い洞察力があります。
自分の中に、こんなにパワーがあるとは知りませんでした。

夫に対しても、怒ってばかりではダメですが、
夫のためになることはどんどん怒ろうと思いました。

♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪

▼ブログランキングに参加しています▼
▼▼▼応援よろしくお願いします▼▼▼

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
関連記事
Copyright © 主婦・さくらの統合失調症ブログ ~ひなたぼっこ~ All Rights Reserved.