働きたいけど怖い 専業主婦脱出したい

最近のお天気は心がザワザワしますね。
洗濯物も乾かないし、部屋が湿気っててベタベタします。
でも肌は潤うし、のんびりと雨の音やクラシックを聞くのもいいですね。
うーん、でもやっぱり頭が痛い~(T . T)


また最近、働くことに焦りが出ています。
在宅の方も、夫を頼ってはいますが、日中1人で根気よく続けるのは難しく、これだったらパートで事務か何かやった方がいいかなぁーと思います。

外に出ないと、太るだけでなく顔つきもだらしなく、お洒落もしなくなります。
だからまた働いて、社会の役に立ってメリハリのある生活がしたいなと思います。

でも、就労移行で受けた傷が、もう辞めてから3年も経つのにまだ癒えません。
多分その就労移行よりは、社会の一般的な会社や企業の方が環境が良いとわかってはいるのです。
あの就労移行支援が異質だったのだ、世の中はそんなにアウェーじゃない、と思ってみても、
また人の輪に入りギスギスした気持ちで働くのか?理不尽な職場環境に泣きを見るのか?と、
ネガティブになってしまいます。


私はWord、Excelかなり使える方だと思うのですが、いかんせん実務経験がありません。
就労移行でテープ起こしや文書作成をしていたのは、何の経歴にもなりません。
むしろ履歴書に書いたら不利なくらいだ!( ̄◇ ̄;)

事務職には向いてる性格だと思うのですが、自信が皆無、電話応対や来客対応など絶対緊張してできない気がします。
挙動不審になって、堂々としていられません。
店で買い物するだけで冷や汗をかいている私です。

でもそんなことばかり言ってたら、いつまで経ってもできるようになりませんよね。
あれこれ考えるより、行動に移さなくては意味がありません。
夫や主治医は、まだ少し早いかも?という反応です。
私もそう思いますが、仕事探しのアンテナは常に張っておきたいものです。


多分仕事に出た方が、自然と痩せるし外見で悩まずに済むと思います。
「お金を稼いでいる」「世の中の役に立っている」という実感があれば、
美容院に行くこと、洋服や化粧品を買うことにも罪悪感が減ると思うのです。
今の私じゃあ~不良債権ですね。不良妻です。

外で働いて揉まれた方が、多分在宅の仕事や家事もテキパキやると思います。
そうすれば毎日美味しいものが食べられ、部屋も綺麗に整頓し、副収入は増えるわ良いことづくめです。


それに怖いのです。
もしこのまま専業主婦で、ボチボチ遊び程度に在宅ワークして、そのまま40、50と歳を取ったら?
そしていざお金に困り、働きに出ようとなって、そんな私に一体何ができる?
そうなれば、苦手なレジ仕事や肉体労働しか残されていません。
40、50代になって、何も身についていない私の出来上がりです。

何にせよ、我慢する生き方ほど損なものはないと思います。
だから職場もダメェーなところで妥協せず、働きやすいところがいいな。人間関係しかり。
まだ29歳、仕事もできない方ではありません。
自分を安売りせず、できることを増やしていこうと思います。

関連記事
Copyright © 主婦・さくらの統合失調症ブログ ~ひなたぼっこ~ All Rights Reserved.