19歳で精神科に3ヶ月入院した話(5)

また、ある日食堂でのろのろと夕食を食べていると、
20代でしょうか、若い女性が泣きながら食堂に来ました。
過呼吸症候群の症状で息がゼーゼーしているので、看護師さんを呼んだり、
背中をさすったりしました。
女の子はやっと落ちついたようです。

翌日から、このN美ちゃんという子とも喋るようになりました。
N美ちゃんは現役のナースで、大病院で夜勤をやっているときに
過労でうつ病になってしまったそうです。
また、お母さんとの関係が悪化して、お見舞いもお父さんしか来ていませんでした。
家庭に問題があるのは私だけじゃないんだな、と思いました。

a0960_006091.jpg

かくいう私の実家も、両親ともほとんど見舞いに来ませんでした。
仕事があるし、遠かったから仕方ないとは思いますが、
「もしかしたら私もOちゃんのように、家族から見捨てられるのでは?」と
不安になることもありました。

また、認知症で入院しているお年寄りも多かったです。
もう介護な必要な方、寝たきりの方、たくさんいました。
お年寄りでも暴れてしまうため、手足を拘束していたり、
一日中大声で叫んでいる人もいました。

夜になると、皆テレホンカードを手に公衆電話に行列を作ります。
早く家に帰りたい、家でゆっくりしたい、外泊したい、退院したら働く、など話しました。
消灯時間まで看護師のIさんとおしゃべりをしました。
Iさんは「夜勤つらい、この仕事辞めたい」と言っていました。
私もFくんのことを相談しました。
関連記事

タグ:統合失調症 ブログ 入院 退院 精神科 期間 患者

Copyright © 主婦・さくらの統合失調症ブログ ~ひなたぼっこ~ All Rights Reserved.