リスパダールからロナセンに変薬

昨日夫と通院してきました。
暑いのなんのって…病院から帰ったらすぐにシャワーを浴びて漬け丼を作って食べました。

T先生の診察では、思い切って変薬してみませんかと言われました。
リスパダール(ジェネリックのリスペリドン)を変えてみよう、とのことでした。

というのも、血液検査の結果プロラクチンが高すぎてどうしようもなくなっていたのです。
高プロラクチン血症になると生理が止まり乳汁が出て、産婦体型になります。
副作用止めのパーロデルでなんとか抑えていましたが、それでも数値が高すぎるということでした。

ちょうど2年前もリスパダールからリーマスに変薬の提案があったんですよね。
でもリーマスは合わなくて今に至ります。

ちなみに、今まで飲んでいた薬は


リスパダール 1mg
パーロデル


リスパダール 1mg
パーロデル


リスパダール 1mg
パーロデル
ジェイゾロフト 75mg

寝る前
リーゼ
グッドミン

でした。

この内リスパダール(リスペリドン)を、ルーラン、ロナセン、シクレストのいずれかに変えてみようとの話でした。

シクレストは最近出たばかりの薬ということで、T先生もあまり使った症例が少ないらしく、不安だったので断りました。
ルーランは高校生の頃に飲んで、すごくダルかった印象。
ロナセンはリスパダールの仲間で、プロラクチンにも影響しにくいとのことで、少しずつこちらに変えてみよう、ということに。


1日飲んだ感想は、結構いいかも?
食欲が抑えられて、気分もフラットな感じです。
私の場合、エビリファイやリーマスだと吐き気が酷くて飲めなかったので、ロナセンは体が受け付けているのかもしれません。

T先生が、
「仕事を辞めたのも薬を変えるキッカケになったと思えれば。ピンチはチャンスです。
働いてる時や調子の良いときは薬を変えられませんからね」
と言っていました。

ブヨブヨ産婦体型が戻るといいな…(^_^;)


関連記事
Copyright © 主婦・さくらの統合失調症ブログ ~ひなたぼっこ~ All Rights Reserved.