ラミクタール、ODしてしまった(双極性障害の希死念慮)

先日、ラミクタールをODしてしまいました。
いやいや、先に言い訳ですが、死ぬ死ぬ詐欺やかまってちゃんでODしたわけじゃないんです。(あれは自分の美学として好きじゃない)
本気で死のうと思って飲んでしまいました……。

最近、希死念慮に取り憑かれてるんです。
それも、「生きてるの辛いなぁ~」って曖昧なのじゃなく、ホントに死ぬ事への切迫感、頭が「死ぬこと」でパンク状態なんです。

それを必死に、
「頓服も飲んだし、あと一日、いや、あと一時間頑張って生きてみよう」
「生きてればいい事もある!」
「ヒロシ(夫)を幸せにするんだ!死んでる場合じゃない!」
って抑えてるんですが、
ここ1ヶ月半夫婦喧嘩が続いてしまい……もう頑張れなくなっちゃったんです。


ラミクタールの致死量って……検索したことある?
なかなかの量みたいなんですね、薬をストックしてぽっくり死ねる量でもないようです。
あとはご存知副作用のスティーブンス・ジョンソン症候群ですよね。
ブルーレターが出たという重篤な皮膚障害。

本当に今!ラミクタールをオーバードーズしちゃおうって思ってる人は、「スティーブンスジョンソン症候群 画像」で検索してほしいです。
生き残ったらこうなってしまう……って考えたら、私もODったってほんの少しの量しか飲めませんでした。怖くて。

それだけの理性が残ってたのが幸いですが、双極性2型の希死念慮がこんなに酷いとは思いませんでした。
これであと一つ、死にたい理由がプラスされてたら…冷静ではいられないでしょう。


結局、吐きまくってお小水と下痢便もして、あー?ちょっと頭痛いかな?程度で3時間後には洗濯してました。
自分の心はこんなに死にたがってるのに、体は許してくれませんね。
必死に生きよう、生かせよう、頼むから生きて!って排出してくれてるんですね。
そこまで体を痛めつけても死ねないなんて悲しすぎるし、夫婦喧嘩が死ぬ程ご立派な悩みとも思えません。
そこまで辛かったんだ、何でこんなに我慢してたんだろう、ごめんね、と自分自身に思いました。

夫が帰ってきたので事情を話したんですが、(普通にご飯作って待ってた)
「俺もう今回は立ち直れないかも。俺はマロリーを止められなかった…もし薬の耐性が低かったら、もうマロリーはこの世にいなかったんだ…」
と、自分を責めて…私って何でこんな情けないことしたんだろうと泣きました。

自殺って、死んだ本人よりも周りの家族や友達が苦しむんだ……。
「死んだ者勝ち」「いずれは皆死ぬのだから」って甘い考えだった自分がバカバカしい。


今回は双極性障害、双極2型の方、ラミクタール中心の方向けにちょっと検索を意識して書いてみました。
今は入院療養、ショートステイを利用しよっか、って話が出ています。
当然、ラミクタールは中止。効いてたのにな~。


私は友達が0人です。ゲートキーパーなんていません。深夜に電話できる心友(笑 なんか中学生みたいだよなあ…)なんていません。
SNSの繋がりとか余計好きじゃないし、SNSで「死なないで!」って言われたいとかあまり思わないです。
その割には優しい嬉しいコメントが来ると舞い上がりますが(*^ω^*)ぶひ☆

夫と母親はいるけど、かえって孤独感が強まることもあります。親も兄弟も友達もいない、そういう人も多いんじゃないかな???

だから、医療機関と役所、保健所、福祉施設だけでもたくさん頼ろうと思います。
向こうは仕事だからどんな患者にも向き合ってくれるよ。
中途半端な友達や親族より知識もある、プロだから。
主治医と「死なないでね」「はい死にません」って約束するだけで違うし、入院して危険物がない場所で1週間ポケーっとしてれば落ち着くから。


まずはたくさん食べて、薬飲んで、寝て、ウンチして、今はそれだけやってみる。
双極性障害、統合失調症は必ず躁になるでしょ?波が来るでしょ?多幸感がやってくるんだから。
死んだらもったいないよね。


関連記事
Copyright © 主婦・さくらの統合失調症ブログ ~ひなたぼっこ~ All Rights Reserved.