毒親介護はじめます。あと、働きます。

今日は通院してきました。
昨日、母親から電話があり、いよいよ老人性の認知症、うつ病、被害妄想などがひどくなってきたみたいで、ぼちぼちと母親の介護生活へと向かっていくことになりました。


今日の診察で、T先生に「覚悟しておくこと」を強く強く言われました。

共倒れにならない。
母の毒に引きずられない。
共依存にならない。
母の話を何時間も聞いたりしない。
母のカウンセラーにならない。
できる範囲・できない範囲をきちんと分けておく。
自分の生活、自分の家庭、自分のやりたいことを守る。
自分の居場所をたくさん作る。

こんなところでしょうか、覚悟というと。


でも、「いよいよ来たか」とは感じるのですが、
具体的にどういう事になるのか、まだわかっていません。
まずは介護関係のサイトや専門家のブログをRSSフィード購読することにしました。

T先生からのアドバイスは、
母に後ろ髪引かれても、用事があるからと電話を切る。
ベリーダンスや編み物などの楽しみはちゃんと自分のために取っておく。
母にも夫にも依存されないように、自立した存在であること。
などでした。


あと、少しずつ出来る範囲から働きます。
お金の為もあるし、自分の居場所、自分のテリトリー作りという感じかな。
無理はしません。
週3とか、朝だけとか、1日のみとか、そういうレア求人を探して応募してます。
来週は単発で本屋のバイトです。

美容院に行ったり、ベリーダンスを習ったりする罪悪感をなくす。
後回しになっているピロリ菌の検査や歯医者、眼科なども、自分を大切にするためにちゃんと行く。


疲れたのでまた今度時間見つけて書きます。



関連記事
Copyright © 主婦・さくらの統合失調症ブログ ~ひなたぼっこ~ All Rights Reserved.