断薬の怖さ。やっと幻聴がおさまってきました。

涼しくて一気に秋らしい陽気になりました。

東京ではデング熱が流行の兆しで、代々木公園で駆除をしたそうですね。

代々木公園に行くことはないですが、割と近いので気をつけなければと思っています。








一週間前くらいから、急に幻聴幻覚妄想といった症状がぶり返していました。

私にとっては10年以上落ちついていた症状が出てきたので焦りましたが、

体調の悪化する私に代わって、夫が病院に行って薬をもらってきてくれたので、

幻聴幻覚はおさまり、また日常に戻りつつあります。



この間、薬がほとんど切れかかっていて、土日も挟んでいたので

薬を節約して飲んでいました。

どうやらそれで急性期のような症状が起きてしまったようです。



私の場合の幻聴は、「人の声」というのはなく、

救急車のサイレンとか、電話のベルとか、ドアのチャイムといった幻聴がほとんどです。

それも、耳にこびりついてる感じで、

自分で「あっ、これは本当に鳴っているのではないな」とわかります。








なので、冷静になれば幻聴妄想も落ち付きます。

よく「人の声が聴こえる」「盗聴されている」など、ひとくくりにされやすい

統合失調症の症状ですが、人によりいろいろあるようです。



私はそれよりも対人恐怖や、被害妄想醜形恐怖の方が強いようです。

改めて、服薬の大切さ・断薬の怖さを思い知りました。






♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪

▼ブログランキングに参加しています▼
▼▼▼応援よろしくお願いします▼▼▼

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ







関連記事
Copyright © 主婦・さくらの統合失調症ブログ ~ひなたぼっこ~ All Rights Reserved.