夫にイライラ&漠然とした死への憧れ

新居の押入れサイズに合わせてネットで収納ボックスを買い、昨日届きました。
夫と共に組み立てて洋服や小物を仕舞っていくのですが、ほぼ一人で作業し、疲れ果ててしまいました。

我が家の部屋にあるものやお金の管理は、私が一手に背負っています。
「あれをどこそこに置いて、シャツのボタンを閉めて青いハンガーにかけて」など、
今日の断捨離でもこと細かに指示を出さなければ夫は動かず、気疲れしてしまいました。

午後からは夫に荷物持ちを頼み、ニトリに行っていろいろ買い込みました。
食器や収納用品など。

私は何でも自分でやらなくては済まないという悪い癖があって、重い物の買い出しも本当は自分一人でやりたいのですが、
身体が許すはずもなく、若干イラつきながらも夫と行きます。
(手伝ってくれてる夫には悪いですけど)

玄関に絵を飾るから、A3のフレームに合うようにネットで絵を選んでおいて、と伝えても、
夫が選んだものは家の玄関との調和が取れず、「油絵じゃなく水彩にしてよ」と言っても要領を得ないし、
もう、私は必死に押入れの片付けをしてるのに!
夫が片付けが終わらないと今日は眠れない、と言うから必死にやってるのに!
自分はぬくぬくとネット閲覧してて…(怒)とキレてしまいました。

ブログに書き込まずに本人に直接言えばいいのですが。
夫が優しいのはありがたいですけど、10を聞いて3を知るタイプなので、こちらが先へ先へ気を回して疲れてしまいます。

今日、ふと思いました。
ああ、死んだら全てから解放されるんだ。
疲れやすい肉体も、折れやすい心も、全て棄てることができるんだ。
面倒な食事も、排泄も、睡眠もいらない。
何もない、何もいらない世界に行けるんだな。

死ぬことは決して恐ろしいことではなく、隣人のように親しみと近寄り難さが同居するもので、
死んでしまえば煩雑なことからは解放され、本当の自由が手に入るんじゃないか。
なんか極論ですけどそう考えていました。

一人きりの場所に行きたい…。

♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪

▼ブログランキングに参加しています▼
▼▼▼応援よろしくお願いします▼▼▼

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
関連記事
Copyright © 主婦・さくらの統合失調症ブログ ~ひなたぼっこ~ All Rights Reserved.